家庭菜園で趣味と実益を得る

家庭菜園で趣味と実益を得る

家庭菜園で趣味と実益を得る

我が家では主人の定年退職を機に、ささやかな家庭菜園を始めました。
最初は、失敗も多く、テマヒマかけたわりに、収穫が少なくがっかりしたこともありましが、ようやく最近、コツが飲み込めて、収穫が多くなりました。

 

調理に使う野菜は、自家製でまかなうように努めています。ジャガイモや玉ねぎなどは比較的収穫しやすく、日持ちもするので最近は、スーパーで買うことは
ありません。

 

できれば人参も収穫したいのですが、我が家の家庭菜園の土には合わないとみえて、失敗ばかりです。でも、人参はスーパーで買ったとしても、ジャガイモと
玉ねぎがあれば、カレーやシチューはもちろん、肉じゃがや豚汁名護の具材になるので、自家製で作れば、経済的にかなり助かります。

 

葉物野菜や、きゅうりは冬場に収穫はできませんが、そのほかの季節であれば、ほぼ収穫できるようになりました。サラダに重宝するキャベツは、秋に収穫したものが、越冬しても畑で保存できるので、これも自家製で間に合います。

 

いくら家庭菜園でも、すべての野菜が収穫出来るというわけではありませんが、収穫し保存している野菜で、なるべく調理するようこころがけています。
おかげで、一種類の野菜で様々な調理方の工夫ができるようになりました。

 

葉物野菜もおひたしだけでなく、炒めものにも利用し、収穫が多いときは冷凍保存なども試しています。家庭菜園でなるべく多くの種類の野菜を作り、栄養バランスも整うように、種を蒔き、苗を植えるように計画するようになりました。

 

増税により野菜も以前に比べ高額になりましたので、楽しむだけではなく、家計のたしにするための家庭菜園は、けっこう励みになります。収穫した野菜を知り合いに配り、そのお返しに調味料をいただいたりして、ある種の物物交換にもなっています。

 

狭い畑ですが、花を咲かせるだけでなく、生活のための実用利用になっています。身体を使うので、運動もできてまさに一石二鳥です。


ホーム RSS購読 サイトマップ